上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- /
 サーバーエラーでここ2日間の記事が消えてしまいました。
 一つのみ復旧できたので改めて。


 “マインドコントロール”で一番最初の段階は『肯定されること』だと書いた。これは創価学会に入っている以上常に付きまとう。絶対的な教義を教え込まれ、それをそのまま言うことで周りからは賛美される。そこに自分というものが入れば糾弾され、矯正されていく。共感してくれる人々は同じ思想を持つ者として仲間意識が育ち、共感できない人達は間違っていると思い込むようになる。

 また、繰り返し言うことで“不安”を払拭する。少し周りを見ればそここに綻びは見られるわけで、排除しようとしてもし切れるものではない。しかし学会内ではその綻びの原因を全て外部に求めているので、不安を感じたら学会に従っておけば安定が保たれてしまう。
 そうして絶対的教義が完成していく。思考停止し、社会との摺り合わせをやめてしまうのだ。摺り合わせれば自分の“正しさ”が壊れてしまう。精神の安定の為にはそれは無理な相談なのだ。

 そもそも、日本人は肯定されることが大好きだ。好んで議論を交わそうとはしないし、議論を交わすことは即決別を意味する。集団に流される日本人らしい性癖と言える。

 例えば、『世界の日本人ジョーク集』ではタイタニックから海に飛び込む時の日本人の言葉としてこんなものが挙げられている。

 「みんな飛び込んでますよ」


 この“みんな”というのが曲者だと私は思う。このシチュエーションの場合は意味が限定されるが、通常使われる“みんな”というのは全ての人々が、という意味ではなく、誰が、とはっきり言えない場合が多い。少なくとも確信があれば“日本中で”とか“社会で”など固有名詞が使われる。はっきりしたここから~ここまで、という自信がないからこういう言い方をするのだろう。

 創価学会における“みんな”とは何だ。それは創価学会の中だけに通じる了解事項であり、肯定された事実のことを指す。決して誰が、とか教義のここが、ということではない。肯定されたという経験が肥大して一人歩きしているからこそ、自信を持ってあれだけ横柄に盲目的になれるのだ。

 『これが正しいんだ!』と反論する学会員の陰には、常に“みんな”がいる。そしてその中には自分を批判する学会員の存在は無い。


 肯定してくれる“みんな”。それは実体の無い幽霊である。
スポンサーサイト
2006.11.16 /
Secret


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。