上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- /
 貴方の隣に居る人って、本当に貴方が思うような人ですか?

 
 私の住んでいる地域の民生委員さんは、全て創価学会員だ。その中で持ち回りで委員をやっている。娘の小学校のPTAの役員はほぼ全てが学会員で、長年学童の役員をやっている男性は学会幹部であるらしい。その学童の先生はまた学会員で、どちらかといえば赤旗が似合う。
 家の筋の半数が学会家庭で、小さい頃から彼らはよく訪ねてきた。小さい頃から母親に『開けずに誰か聞きなさい』と言われ続けたのはそのせいだ。
 隣町には天理教の御殿があって、中学は天理教のお姫様と言われる我侭放題の先輩がいた。いつも取り巻を連れていて、気に食わない奴がいるととことんまで痛めつけていた。
 町内にはエホバの会館が点在して、修学旅行も来ない子がいた。献血が出来ずに小学校の同級生が交通事故で死んだ。

 学会員がいるということと、エホバがキリスト系だということだけは知っていた。天理教は他の人が教えてくれた。

 それはある意味幸福な時代だったと思う。
 そのままでいられたらどれだけ良かっただろう。


 でもやっぱり世界はおかしくて、このままではいられない。
スポンサーサイト
2006.11.17 /
Secret


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。