上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- /
地獄界・・・不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者

餓鬼界・・・下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、 毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。アルコール中毒になつて酒が無ければ生きていかれぬといつた人間、金を もうける為には手段を選ばぬという預金主義者、其他何んでも目についたものが欲しくてならぬという様な性格異常者。

畜生界・・・パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。自分よりも強い者には絶対に従順で自分よりは弱い者にはいばるという人格の低級な人間。

修羅界・・・兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と争う人間。

人間界・・・普通平凡に生活している市井人。

天 界・・・大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、経済家、偉大な軍人等々。

声聞界・・・学者、研究家、学生等。

縁覚界・・・大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、何かの研究を完成した学者等。

菩薩界・・・二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見 により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、 衆生に救を与えた人々。

仏 界・・・日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、 天台(迹仏)、伝教大師( 迹仏)等

・・・・・・・・・・・・・・・・・・『折伏教典』より

 上記は創価学会の有名な暴言である。下線のある部分には特に注目して頂きたい。これが平和と平等と福祉を謳う団体の列記とした経典である。明らかに区別ではなく差別であり、現代社会を真摯に見つめる人間の言うことではない。そしてそれは人を見下す学会の体質を顕著に表している。


 では、何故創価学会は人(入信していない者)を見下さなければならないのだろうか?
 『創価学会はカルトか』でも似たような事を書いたが、これは力のある宗教は罰を与えられなければならない、といった所と通じるものがある。力のある宗教に入信しているから、自分にも力があるのだという優越がそこにはある。
 こういう考え方はどうだろう。それぞれの人間の持ち物を全てパーツに分けた時、信仰というパーツが信仰者にはある。もし同じだけパーツを持っている人がいて、片方が信仰というパーツを持っていたならそれはその分多くを持っていることになる。
 しかしそのパーツの数はひとそれぞれ違うのだから比べ様が無い。だがこの信仰が希薄な時代において確固とした信念を持っている、という事は一元論を大事にする創価学会においてはかなりの優越なのだろう。
 その感情を後押しするように、実質学会トップである池田大作は上記のヒエラルキーを明示した。池田の言うことは学会内の法律であるから、その上他の宗教は邪教と教え込まれた信者にとっては、優越を保障され肯定されたのと同一なのだ。

 創価学会において、信者は学会の力は絶対だと思っている。入会していることによって、優越は保障されている。それ故に非会員は優越を持っていない下層の住人なのだ。

 だから、外部では認められない事も信者の内では常識であり、
『汚い言葉を吐くことが、結局は、自分は汚いことをするまいという誓いになっているメカニズムがわかる人は、少ないのかもしれない』
 などという歪んだ価値観が出来上がってしまう。


 私の娘の小学二年生でさえ知っている。
 馬鹿という人が、馬鹿なのだ。
スポンサーサイト
2006.11.19 /
Secret


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。