上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- /
http://kannadukiyuhi.blog84.fc2.com/
↑こちらは「神無月と創価学会」のコピーサイトになります。

 FC2の82番のサーバーに障害が発生しているようで、

「創価学会とマインドコントロール」
「創価的ヒエラルキー 1」
「創価的ヒエラルキー 2」
「他人事じゃない」

 の4件の記事が消失しました。
 今、同じものを書く自信はありませんので暫く後にまた改めて書かせて頂きます。
 もし、一時ファイルなどにデータが残っていて記事のコピーが可能でしたら、テキスト形式で構いませんのでメールを頂けると大変助かります。ご協力宜しくお願い致します。
 sapurikimono@yahoo.co.jp

 82番サーバーの方の不調が続くようでしたら、こちらの84番に切り替えることも考えています。その際にはお手数ですが変更をお願い致します。

 *******************************************

11/20

 コメントも一部バグが出ているようです。
 管理画面での削除ができませんのでご容赦下さい。


********************************************

 11/22

 一時キャッシュが残っていた方から記事のコピーを頂きました。
 Kさん、本当にありがとうございます。

 コピーブログにも同じ内容でアップしております。
 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
2006.11.22 /
 公明党に言われるがまま投票し、F票を掻き集めた結果がこちらです。

 心が痛みませんか?
 福運がつくと信じて貴方たちは行動したのでしょう。

 ですが、そのお陰でこうやって苦しんでいる人がいます。少なくとも公明党と自民党は今連立政権です。自民党の政策に多少なりと影響を与えることができます。
 もし貴方たちがそういう政策には賛同できない、と声を上げ、政治を宗教的な道具ではない視線で見つめていたならこの人達は苦しまずに済んだかもしれません。

 
 今幸せですか?
 この人たちの前に立って、公明党に投票したと言えますか?

 貴方たちが作り出した現実をしっかり見据えてください。
 
2006.11.21 /
地獄界・・・不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者

餓鬼界・・・下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、 毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。アルコール中毒になつて酒が無ければ生きていかれぬといつた人間、金を もうける為には手段を選ばぬという預金主義者、其他何んでも目についたものが欲しくてならぬという様な性格異常者。

畜生界・・・パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。自分よりも強い者には絶対に従順で自分よりは弱い者にはいばるという人格の低級な人間。

修羅界・・・兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と争う人間。

人間界・・・普通平凡に生活している市井人。

天 界・・・大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、経済家、偉大な軍人等々。

声聞界・・・学者、研究家、学生等。

縁覚界・・・大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、何かの研究を完成した学者等。

菩薩界・・・二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見 により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、 衆生に救を与えた人々。

仏 界・・・日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、 天台(迹仏)、伝教大師( 迹仏)等

・・・・・・・・・・・・・・・・・・『折伏教典』より

 上記は創価学会の有名な暴言である。下線のある部分には特に注目して頂きたい。これが平和と平等と福祉を謳う団体の列記とした経典である。明らかに区別ではなく差別であり、現代社会を真摯に見つめる人間の言うことではない。そしてそれは人を見下す学会の体質を顕著に表している。


 では、何故創価学会は人(入信していない者)を見下さなければならないのだろうか?
 『創価学会はカルトか』でも似たような事を書いたが、これは力のある宗教は罰を与えられなければならない、といった所と通じるものがある。力のある宗教に入信しているから、自分にも力があるのだという優越がそこにはある。
 こういう考え方はどうだろう。それぞれの人間の持ち物を全てパーツに分けた時、信仰というパーツが信仰者にはある。もし同じだけパーツを持っている人がいて、片方が信仰というパーツを持っていたならそれはその分多くを持っていることになる。
 しかしそのパーツの数はひとそれぞれ違うのだから比べ様が無い。だがこの信仰が希薄な時代において確固とした信念を持っている、という事は一元論を大事にする創価学会においてはかなりの優越なのだろう。
 その感情を後押しするように、実質学会トップである池田大作は上記のヒエラルキーを明示した。池田の言うことは学会内の法律であるから、その上他の宗教は邪教と教え込まれた信者にとっては、優越を保障され肯定されたのと同一なのだ。

 創価学会において、信者は学会の力は絶対だと思っている。入会していることによって、優越は保障されている。それ故に非会員は優越を持っていない下層の住人なのだ。

 だから、外部では認められない事も信者の内では常識であり、
『汚い言葉を吐くことが、結局は、自分は汚いことをするまいという誓いになっているメカニズムがわかる人は、少ないのかもしれない』
 などという歪んだ価値観が出来上がってしまう。


 私の娘の小学二年生でさえ知っている。
 馬鹿という人が、馬鹿なのだ。
2006.11.19 /
 創価新聞には“寸鉄”なるものが掲載されている。寸鉄とは、小さな刃物で人を殺す。ごく短い言葉で人の急所をつく、という意味だ。
 
      ・・・・・・・
 ここである学会員の言葉を引用させて頂く。誰の言葉か、どこからの引用かはこの際関係ない。何故ならば社会常識に反した者と関わる気は一切ないし、引用禁止と明記されておらず、私もこれを引用され罵倒されようが自分のブログでやられるのなら構わないし、痛くも痒くもない。わざわざ私が顔写真をさらしているのも、もし反論があり面と向かって批判をしたいのなら受けて立つという意思表示だ。
      ・・・・・・・

 それでは、その文章を参考までに掻い摘んで書かせて頂く。

『クソ坊主をクソ坊主と言って何が悪い。そうでなければ他の真面目に修行している僧侶に失礼だ』

『悪い事をした奴がのうのうと生きているのが許せない。池田先生の大恩を忘れて謝罪もしない奴は批判されて当然だ』

 そして、極め付けがこの理論だ。

『偽善的に汚い言葉を使わなくなったから精神を病む人が増えた。
 汚い言葉を使った方が精神衛生にも良い。だから、私は率先して、屑には屑と言う。畜生には畜生と言える自分でいたい。 汚い言葉を吐くことが、結局は、自分は汚いことをするまいという誓いになっているメカニズムがわかる人は、少ないのかもしれない』

 ・・・何故そこまで自分が正しいと思い込めるのか、心底理解に苦しむ。 少なくとも社会と断絶して生きているのではないのだから、そんな暴言ばかり吐いている人間に誰が協力するだろう。それもこういった人種はいつ敵に回るか解ったものではない。同じ職場にいたならば私は徹底して業務以外の情報を洩らさない。通常の人間関係など作れない。
 そういった人間が人を救いたいと言うのだから矛盾も良い所だ。

 一般社会(日常生活と言っても良い)において、汚い言葉を吐く人間は敬遠される。許すことを知らない人間は成長もしないし、何故その人がそういう事をしたのか、考えることをしない。
 明らかに想像力の欠如がそこにはある。そして、人を見下すことに快感を覚える異常さがそこにはないだろうか。
2006.11.18 /
 貴方の隣に居る人って、本当に貴方が思うような人ですか?

 
 私の住んでいる地域の民生委員さんは、全て創価学会員だ。その中で持ち回りで委員をやっている。娘の小学校のPTAの役員はほぼ全てが学会員で、長年学童の役員をやっている男性は学会幹部であるらしい。その学童の先生はまた学会員で、どちらかといえば赤旗が似合う。
 家の筋の半数が学会家庭で、小さい頃から彼らはよく訪ねてきた。小さい頃から母親に『開けずに誰か聞きなさい』と言われ続けたのはそのせいだ。
 隣町には天理教の御殿があって、中学は天理教のお姫様と言われる我侭放題の先輩がいた。いつも取り巻を連れていて、気に食わない奴がいるととことんまで痛めつけていた。
 町内にはエホバの会館が点在して、修学旅行も来ない子がいた。献血が出来ずに小学校の同級生が交通事故で死んだ。

 学会員がいるということと、エホバがキリスト系だということだけは知っていた。天理教は他の人が教えてくれた。

 それはある意味幸福な時代だったと思う。
 そのままでいられたらどれだけ良かっただろう。


 でもやっぱり世界はおかしくて、このままではいられない。
2006.11.17 /

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。